がんが転移する前に知っておきたいキャンサーアンサー

様々な場所へ転移

骨への転移は最も多い

聴診器を持つ医者

前立線がんが転移をする場所として最も多いと言われているのが骨です。特に背骨や骨盤などに転移するケースが多く、前立線がんで転移した人の80パーセント近くが骨と言われています。骨に転移した場合であれば、病的な骨折をする場合もあり、麻痺やしびれが症状として現れます。がんには様々な種類があり、臓器にできるがんの場合は骨に転移した時にはすでに末期になっていることが多いといわれていますが、前立線がんの場合であれば初期の段階で骨に転移するケースも多いので、骨へと転移したからといって思いつめないようにすることが大切です。前立線がんと診断された時に行われるのも骨の検査となっており、それほど前立線がんは骨へと転移しやすいといえます。

リンパ節の転移や精嚢の湿潤

骨の次に多いと言われているのがリンパ節への転移で、見つかった時にはまずはホルモン療法を利用して改善を目指します。ホルモン療法を続けることによって更に転移していくことを防ぐことが可能ですが、長年続けていると効果がなくなる場合もあります。ホルモン療法以外では抗アンドロゲン剤で治療を進める場合もあります。通常のがんと同様に、前立線がんも少しの期間で転移が進んでしまうので、できるだけ早めの検査で治療法を考えることが大切です。転移の他にも、前立線がんがあることによって精嚢の湿潤が起こることがあります。この場合、前立線がんがかなり進行している状態になるので、進行を抑える治療をする場合がほとんどです。